大人ニキビやシミ・シワの対策と予防する必要性

大人ニキビやシミ・シワの対策と予防する必要性

シミ・シワやニキビを予防する、対策するのには、できる理由や対策を知っておかないといけません。
まずニキビには2種類あります。
若い頃にできてしまう「思春期ニキビ」。
大人になったからできる「大人ニキビ」。

 

おそらく皆さんは20歳以上で大人になってから出来るニキビに悩んでいると思います。
若い頃にデキるニキビは大人になって改善されるケースが多いですからね。

 

 

大人になってからのニキビができる原因は、肌の乾燥や皮脂の過剰分泌が原因になります。
皮膚の内側が乾いていて外側がテカるインナードライになっているのが乾燥肌です。
皮脂の過剰分泌は、ストレスや自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどが影響します。
ニキビは、ケアする事で十分に完全出来る、根本的な原因を取り除くことによって良くなるケースが多いです。

 

まず重要のが「触らない」事です。
お肌にデキたニキビは気になって無意識に触ってしまう事があります。
ニキビができるとつい触ってしまうという方は多いと思いますが、手には非常に多くの雑菌がついていると言われます。

 

スマホを触ったりパソコンを触ったり、リモコンを触ったり、ドアノブや壁など手はありとあらゆる場所に直接肌で触れてしまう部分です。
なので体の中で一番ばい菌が多いのが手だと言われております。

 

そんな汚い手をデキモノに触れてしまうと菌が付着する恐れがあるので気を付けて下さい。
気になっても触るのは我慢しましょう。 また、シャンプー、コンディショナー、石鹸などの洗顔料のすすぎ残しもニキビの原因になります。

 

枕や布団、パジャマ、バスタオル、タオルなど肌に直接触れるものも清潔に保ちましょう。
バスタオルも1回使ったら選択して天気乾しをする。
1回くらいでは汚れないと思ってそのまま使い回しは絶対にしないで下さい。
一度使ったタオルは雑菌だらけです。

 

 

そして次に重要なのが「潰さない」事です。
ニキビは早く消したいと思ってツメや針で潰してしまう方もいるそうです。

 

しかし潰してしまうと、ニキビ跡肌クレーターの原因になってしまいます。
炎症が治るまで触らないという事を徹底して下さい。

 

大人ニキビは、乾燥肌だけでなく混合肌の人にもできます。
あご、フェイスライン、デコルテに発生しやすいのが特徴です。
ターンオーバーの乱れで、古い角質が毛穴をふさいで起こる炎症が、影響しています。

 

ターンオーバーが乱れたままだったり紫外線の影響を受けたりすると、色素沈着を起こしやすいので日焼けもシミのリスクが高い事を覚えておいてください。
もちろん生活習慣やストレスからのホルモンバランスの乱れなど、原因は様々でまず出来る事から始めて見て下さい。

 

予防する、ニキビを消す、スキンケアにお勧めなのがアクネピアットです。
家族で皆で使用できるのでオロナインのように一家に一個置いておきたいスキンケアアイテムです。